私共一般社団法人送電線建設協力会は、昭和45年に送電線協力会として発足致しました。
平成元年には送電線建設協力会と名称を変更し、平成29年4月に一般社団法人送電線建設協力会となり現在に至っております。
発足以来会員各社、送電線路建設工事という誇り高き仕事で、全国各地の工事にその持てる優秀な技術技能を余すことなく発揮し、電力の安定供給という重要な使命の一端を担ってまいりました。
また、会員相互の親睦と融和、助け合いの輪を広げ、共存共栄の道を模索し続けております。
そして、私共送電線建設協力会には、未来永劫に亘り絶やすことなく継承していかねばならない大切な仕事が御座います。
痛ましくも就労中殉職された数多くの先輩同僚の御霊をお慰めすると共に、送電線工事業界に活きる全ての人々の共通の悲願であるゼロ災害を祈念し安全祈願をしていく事です。
昭和48年電工ゆかりの地である静岡市清水区村松にある山岡鉄舟ゆかりの寺・名刹鉄舟寺に、全国送電線路工事殉職者慰霊碑が、送電線建設技術研究会、10電力会社、元請各社及び送電線建設協力会会員各社の賛同を得て建立されました。
慰霊碑に納められた御霊は800を超えております。その数多くの御霊に対し、毎月、香を焚き、供花清掃させていただき、慰霊碑を護持してまいりました。
毎年11月8日には、送電線建設技術研究会と共に、各電力会社、各元請会社、不幸にも殉職された方々のご遺族を招き、殉職された方々の御霊の慰霊に努めさせていただいております。
 さて、我々を取り巻く環境は、電力自由化の流れにより、送電線工事は、全国的に低成長期に入り、既存設備のリニューアルやリプレイスと言った経年変化に対応する工事が中心となり、念願の平準化は遠のいてしまいました。更に近年の異常気象により、勢力を拡大したまま上陸し強風や洪水等の自然災害をもたらす巨大台風や地震等の災害復旧現場に駆けつけ、如何なる苦労も乗り越え昼夜を問わず、電力設備の速やかな復旧に立ち向かう、経験豊かで優秀なラインマンは、必要不可欠な存在であることは言うまでもありません。また、現在のコロナ禍にあって産業界が疲弊する中、ソーシャルワーキングとして日夜その期待に応へ、現場の最前線で活躍する送電ラインマンを守る事は、我々の使命であり、その為の手段を今こそ一致団結して講じる時ではないでしょうか。
送電線建設協力会の会長として、協力会会員各社の皆様の思いを言葉に、そして命を懸けて活躍しているラインマンの社会的地位向上と働き甲斐のある職場環境創りに誠心誠意取り組む所存です。皆様方のご理解と、ご協力ご支援ご賛同を心よりお願い申し上げまして、ご挨拶に代えさせていただきます。

 一般社団法人送電線建設協力会 会長 国本 芳則
 
            

送電線建設協力会第18期役員(任期 2021年4月~2023年3月) 
役職名 氏名 兼任 会社名
会長 国本 芳則 株式会社スカイテック
副会長 岡村 晴彦 静岡本部長 中静電基株式会社
副会長 福島 鉄雄 株式会社エフテック
会計 伏見 伊織 株式会社伏見電工
監査 中西 孝昭 中西電業株式会社
監査 佐野 富治 東部電工株式会社
理事 飯嶋 貞一 北海道支部長 株式会社光立建設
理事 中野 勝昌 東北支部長 中電工業株式会社
理事 前澤 光彦 関東支部長 株式会社小島電設
理事 笹嶋 明人 北陸支部長 笹嶋工業株式会社
理事 田副 史貴 中部支部長 田副電設株式会社
理事 石川 義男 関西支部長 太陽電気工事株式会社
理事 柳 智弘 中国四国支部長 株式会社岩井工業所
理事 石川 陽志 九州支部長 株式会社石川工務店
理事 伏見 直記 慰霊碑護持担当 株式会社エフトック
相談役 鈴木 駿司
相談役 中西 衛 光和電気工事株式会社
顧問 伏見 俊史 株式会社伏見電工

 
 入会をご希望の方は、下のお問合せまたは資料請求の各リンクをご利用下さい。
       
 〒424-0305 静岡県静岡市清水区小島町872-1
TEL 054-393-1212 FAX 054-393-1213
e-mail:sodenkyo@atlas.plala.or.jp
Copyright 2008, 一般社団法人送電線建設協力会 All Rights Reserved.